「ISM」より:現地29日に行われたサンアントニオ・スパーズ対マイアミ・ヒートの強豪同士の一戦は、ホームのヒートが主力を温存したスパーズに105対100で競り勝ち、開幕からのホーム連勝を7に伸ばした。フランクリン マーシャル

 スパーズはこの日のアウェイ戦にトニー・パーカー、マヌ・ジノビリ、ティム・ダンカン、ダニー・グリーンの先発メンバー4人が帯同せず。控え中心のメンバーで臨んだものの、昨季王者相手に44対47の3点ビハインドで前半を折り返すと、第3Qにはついに逆転に成功する。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】ラペルニットカーディガン

 一方、思わぬ苦戦を強いられたヒートは、第4Qもフラストレーションの溜まる展開が続いたが、97対98で迎えた残り22.6秒にレブロン・ジェイムスの粘りからパスを受けたレイ・アレンが必殺のスリーポイントシュートを沈めて逆転。スパーズの反撃を振り切り、何とか接戦をモノにした。キャップ帽子 クロムハーツキャップ クロムハーツ帽子

 今季ホーム試合7戦無敗としたヒートでは、レブロンがチームトップの23得点をマーク。勝負強さを発揮したアレンが20得点、ドウェイン・ウェイドは19得点、クリス・ボッシュは18得点、12リバウンドを記録した。

 主力欠場のスパーズはゲイリー・ニールが20得点、ティアゴ・スプリッターが18得点を記録。アウェイでヒートを追い詰める健闘を見せたが、この試合で主力メンバーの多くを欠場させた件については、リーグ側から罰則を科せられる可能性があるという。(STATS-AP)



COMMENT: (0)




 「スポーツ報知 」より:来年3月の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパンのスタッフミーティングが28日、都内のホテルで開かれ、最終候補選手33人の絞り込みを行った。巨人の村田修一内野手(31)、沢村拓一投手(24)がメンバー入りしたことがNPB関係者の話で明らかになった。また、坂本勇人内野手(23)と阿部慎之助捕手(33)はチーム同様、3、4番コンビを務める方針。3連覇を狙う侍ジャパンの中枢をG戦士が担う。フランクリンマーシャル

 会議は約4時間にわたった。取材に応じた山本監督はやや疲れた表情を見せながらも「真剣に選考したつもり。33人を選ぶ中で、1人か2人はかなりの議論になり、活発な意見をもらった。最終的には私が判断する形を取った」と明かした。最強SPECIAL PRICE!FRANKLIN&MARSHALL/フランクリンアンドマーシャル FLMR879FALS11 スナップボタンジャケット

 今月末に主催者へ提出する予備登録選手は28人だが、2月15日からの強化合宿(宮崎)には基本的に33人を招集。巨人・杉内ら故障を抱える選手も含まれるため、「流動的というか、(33人から)何人か、まだ増えるかもしれない」と指揮官。2月下旬の最終登録ギリギリまで競争させ、“世界で勝てる”28人を見極める構えだ。Chrome Hearts

 その中でも、今季5冠を達成した巨人が、中核を占めることになりそうだ。NPB関係者は「最終候補に入るかは分からないが、今日の時点で(巨人が)7、8人は入っていた」と明かした。候補に挙がったメンバーには、阿部、坂本、長野、内海や杉内、山口のほかに、沢村と村田も名を連ねているようだ。

 沢村は、18日のキューバ戦(札幌D)で先発し、2回を1安打無失点、4奪三振と快投。与田投手コーチが「直球で押すより緩急を使って、球を速く見せる投球をしてほしい」と期待していた通りの投球で、世界舞台で通用することを証明した。先発から中継ぎ、抑えと、幅広い活躍が見込める右腕に、白羽の矢が立ったとみられる。

 守備力を買われ 村田は、豪快な打撃だけでなく、高い守備力を買われた。山本監督は、選考基準に守備力を重視しており、シーズン中から安定感のあるフットワークを評価していた。候補メンバーには、松田(ソフトバンク)以外に三塁を定位置とする選手がいないことからも、村田の選出は妥当。来春合宿で両者を競わせ、レギュラーを決める考えのようだ。

 すでに山本監督は、侍の4番には阿部を指名している。この日の会見でも、「4番? ほぼ決めているつもりです」と明言こそ避けたが、首位打者&打点王の2冠王を中心としたオーダーで臨むことを明かしている。

 さらに、3番には坂本を据える方向で固まっている。16、18日のキューバ2連戦では、3番フル出場。初戦は2安打、2戦目もV犠飛を放って鮮烈な印象を残した。巨人で不動だった3、4番を、枢軸にガッチリ据え、3連覇への推進力とするつもりだ。

 巨人の最強セットアッパー・山口も、救援陣の軸として期待されている。先発の内海、杉内、切り込み隊長の長野ら、シーズン5冠へと先導したG戦士8人が、侍の顔となる。

 ◆村田の09年WBC 第1ラウンドでは中国戦、韓国戦でホームランを放つなど勝利に貢献。第2ラウンドでも主軸を任され、第1ラウンドから通算7試合で25打数8安打、打率3割2分、2本塁打、7打点と主軸として活躍。しかし第2ラウンドの韓国戦の走塁中に右太もも裏肉離れ。無念の途中離脱となった。




COMMENT: (0)


 

 「デイリースポーツ 」より:楽天が福留の獲得争奪戦に、水面下で緊急参戦していたことが27日、分かった。国内では阪神、DeNAの2球団の争いとみられていたが、ここに来て虎の新たなライバルが出現した。フランクリン マーシャル

 球団関係者が「3、4、5番を打てるバッターがいない」と嘆いている通り、来季の楽天は打線の中軸がほぼがら空きの状態。それだけにクリーンアップを任せられる福留は魅力的だ。しかも星野監督は福留がプロ入りした時の中日監督。球団は虎視眈々(たんたん)と、獲得へ向けた調査を続けていた。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】【No99】ラウンドネックセーター

 さらに、DeNAへの移籍が濃厚とされる中日のトニ・ブランコ内野手(32)についても、長距離打者として調査中だ。フェルナンデス、ガルシアら4外国人野手がそろって退団し、打者はゼロの状態。調査を行っていたラヘアはソフトバンク入団が決定。大砲打者の補強が急務となっている。クロムハーツ


 


COMMENT: (0)


 

 「ゲキサカ 」より:セリエAは26日、第14節を行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でパルマと対戦し、0-1で敗れた。

 22日のELルビン・カザン戦(0-3)を欠場した長友だったが、先発メンバーに名を連ねると、リーグ戦では4試合連続のフル出場を果たした。だがチームは公式戦10連勝がストップした11日のアタランタ戦から、公式戦4試合勝ちなし(1分3敗)となってしまった。フランクリンマーシャル
 
 前日25日に首位のユベントスがミランに敗れたことで、この試合に勝てば勝ち点差を1に詰めることの出来るインテル。是が非でも勝利のほしいインテルだったが、序盤から攻めあぐねる。逆にピンチを招く場面も多く、前半は何とかしのぎ、スコアレスで後半を迎えた。【2012春夏新作】Franklin&Marshall/フランクリンアンドマーシャルのジップアップナイロンジャケット

 だがパルマに先制点を奪われてしまう。後半29分、ハーフウェーライン手前からFWニコラ・サンソーネにドリブルで一気に持ち上がられると、その勢いのまま豪快に右足を振り抜かれた。歯車がかみ合わないインテルに反撃できるだけの力はなく、このまま0-1で試合は終わった。Chrome Hearts


 


COMMENT: (0)


 

 「(日刊スポーツ)」より:日本ハム稲葉篤紀外野手(40)が、ドラフト1位で指名した花巻東高・大谷翔平投手(18)に入団を強く勧める“熱烈コール”を送った。北海道内での選手会納会とゴルフコンペに出席後、初めて口を開いた。今日26日、栗山英樹監督(51)が交渉に初めて出馬し、岩手県奥州市内のホテルで本人と対面する。メジャー挑戦を希望している大物ルーキーの心を動かすことができるのか。チーム一丸となって指揮官の直接出馬を後押しする。

 08年北京五輪、09年第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)と日の丸を身につけて、世界を相手に戦った稲葉が、メジャー挑戦を希望する18歳へ“日本ハム”をアピールした。フランクリン マーシャル

 「本人の夢ですから、何とも言えませんが」と前置きした上で、「絶対にいいチーム。これからの野球人生において、プラスになると思う。日本球界でやって、WBCで日本代表を経験して、それからアメリカへ行っても遅くはないと思う」と続けた。来季プロ19年目。くしくも、大谷誕生の年のドラフト会議でプロへの扉を開いたベテランの口調は、次第に熱を帯びていった。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】ラペルニットカーディガン

 テレビに映る大谷の姿に、興味をかき立てられた。「もちろん、見てみたい。後ろで守ってみたいし、成長する姿を見たい」。最速160キロの剛速球を投げ込む大谷の後ろで、一塁を守る自分自身を想像した。来季から兼任で務める打撃コーチとしては、走攻守3拍子そろった逸材の将来を思うと胸が高鳴った。「高校生離れしていると思うし、当然マー君のような存在になりうるものを持っている」。楽天田中のように、若くして日本球界を代表する選手になれる存在だと直感した。クロムハーツ

 入団交渉は今日26日、栗山監督の直接出馬でヤマ場を迎える。大谷側とは、指名あいさつを含めて5度目の接触。両親のほか、本人も同席する予定で、ドラフト会議後、初めて栗山監督と大谷本人の顔合わせが実現することになった。球団側は“エース兼4番”の二刀流育成プランを提示するなど、必死の説得を試みている。「僕らは両手を広げて待っている。監督の熱意が伝わるといいなと思う」。チームリーダーの稲葉もまた、大物ルーキーの入団を心ひそかに願っている。【中島宙恵】


 


COMMENT: (0)




 「スポーツ報知」より:巨人の「投手陣シャッフル計画」が23日、浮上した。今季は12球団トップのチーム防御率2・16をマーク。チーム5冠の原動力となったが、川口投手総合コーチは「今季のリリーフが、来季は先発になることだってあり得る。また新たな態勢でやっていかないといけない」と配置転換も辞さない考えを明かした。FRANKLIN & MARSHALL

 来季の先発ローテ争いにはドラフト1位の即戦力右腕・菅野が参戦してくる。1年間の実戦ブランクはあるものの首脳陣の評価は高く、先発枠をめぐる競争の激化は必至だ。さらに中継ぎで34試合に投げた新人左腕・高木京も、本来は先発として見込まれていた。新たな左のセットアッパーが現れれば、先発陣に割って入る可能性もある。【FRANKLIN&MARSHALL】フランクリンマーシャル スウェットダウンベスト

 川口コーチは「菅野が入って、競争が激しくなってくれればいい。(高木)京介だって、もともとは先発だし、沢村が抑えをやる可能性がないわけでない。マシソンも西村も守護神はできる」と説明。今季の先発と中継ぎ、抑えの配置をいったん白紙に戻し、新たに適性を見極める考えだ。CHROME HEARTS

 この「シャッフル」だが、開幕へ向けた危機管理の側面もある。来年3月のWBCにはエースの内海をはじめ、杉内、沢村、山口と多くの投手が選出される見込みだ。同29日から開幕するシーズン本番に影響が出るのは避けられない。「不安はある。レギュラーシーズンに、負担がどれだけはね返ってくるか分からない。それに代わる投手を考えないといけない」と川口コーチ。アジアの頂点まで上り詰めた“最強投手陣”の称号に甘えることなく、日本一連覇へ準備を進める。




COMMENT: (0)




 「デイリースポーツ 」より:J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(45)が21日、来月に日本代表FW香川真司(23)=マンチェスター・ユナイテッド=と、DF長友佑都(26)=インテル・ミラノ=を訪問するプランを明らかにした。所用を兼ねたもので、現地時間12月9日に行われるイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー‐マンチェスター・ユナイテッド、同15日のイタリア1部(セリエA)のラツィオ‐インテル・ミラノを生観戦する。FRANKLIN MARSHALL【フランクリンマーシャル

 カズが、欧州で香川、長友と再会を果たすことになった。昨年6月、都内で香川、長友ら海外組5人を集めて行われた食事会。カズは「(試合を)必ず見に行くよ」と約束した。ようやく、約束を果たすときがきた。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】ラウンドネックニットのセーター

 もっとも、香川は左膝の負傷のため、試合出場は絶望的な状況。横浜市内での練習後、「無理だよね、9日は。しっかり治してほしい。食事をしようと言っている」と思いやった。Chrome Hearts

 マンUについては、練習を見ることを希望している。だが、イングランドは、大半のクラブが見学NG。そこで、同クラブOBで、シドニーFC時代の同僚であるドワイト・ヨーク氏に仲介を依頼したという。「返事待ちだけど、見られなきゃ見られないで、香川さんに町を案内してもらう」と楽しみにしている。

 海外組のプレーを現地で観戦するのは「柳沢(敦=現仙台)のサンプドリア‐ユベントス以来。10年前くらいじゃないかな?」と思い返した。10年の間、日本のサッカーは進化を遂げた。「向こうで自分も刺激を受けたい」と目を輝かせた。

 カズがこれまでサッカー少年に与えてきた影響は絶大だが、今回は逆の立場になりそうだ。クラブからは、すでに契約延長のオファーを受けている。46歳で迎える来季に向けて、若手からもパワーをもらう。




COMMENT: (0)


2012年11月22日

PSG、新戦力が活躍

 

 「sankei.jp.msn」より:

 パリ・サンジェルマンが新戦力の働きで少ない好機をものにして、16強に進んだ。フランクリンマーシャル

 カタール政府系の投資ファンドが買収し、大型補強を繰り返してきた。この日は0-0の前半終了間際にイブラヒモビッチのパスを受けたラベッシが移籍後初得点。今夏獲得した両FWの活躍で先制すると、後半7分にもラベッシが加点した。タレント集団を率いて上位を狙うアンチェロッティ監督は「大きな成果だが、わたしはもう次の試合のことを考えている」と、先を見据えた。(共同)FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】ラペルニットカーディガン


 


COMMENT: (0)




 「東スポWeb 」より:オリックスが阪神入りが決定した西岡剛内野手(28)の“変わり身”にあきれている。2年5億円を提示し、ロッテ、阪神とのマネーゲームも辞さない構えだったが、2年6億円(いずれも推定)の阪神を選んだことに関係者は驚きを隠せない。【FRANKLIN&MARSHALL】フランクリンマーシャル

 オリックスは7日に西岡と1回目の交渉を行ったが、その際の西岡の様子をフロント関係者はこう話す。「金額面での交渉ですごく低姿勢だったみたいですよ。“僕はメジャーに2年行って失敗した人間ですから(単年で)年俸1億円でいいです”って」【FRANKLIN&MARSHALL】フランクリンマーシャル スウェットダウンベスト

 そうなら2年5億円の年俸は西岡にとって“過大評価”とも言えるはず。殊勝な態度に見えたようだが、結局、阪神を選ぶまさかの豹変ぶりに「西岡の二枚舌ぶりには驚くよ。いったい(ウチの)1回目の交渉はなんだったんだ」(同)とぶぜんとするしかない。別の関係者は「阪神は(1年)3億も出すんだね。ウチはそんなお金があったら2年契約の2年目のデホ(李大浩)に出すよ。3年目も残ってほしいからね。西岡よりデホの方がよっぽど活躍してくれるよ」とケチをつけた。CHROME HEARTS

 また、戦力面についても「内野は昨年のドラフトで獲得した選手(安達、縞田)が活躍している。しかもトレードで西武から原(拓也、内野手=28)、巨人から山本(和作、内野手=26)を獲っている。西岡が来ない場合の補強もしてあるから大丈夫」(球団幹部)と強調。原は内野ならどこでもできるタイプで、山本は森脇監督が巨人二軍コーチ時代に教えた“秘蔵っ子”とあって全く心配ないという。争奪戦に敗れた強がりに聞こえなくもないが…。


COMMENT: (0)


 

「毎日新聞」より:

 ロッテの伊東勤新監督(50)が、千葉県鴨川市で行われている秋季キャンプで「ポスト里崎」の育成に乗り出した。西武の黄金時代を支えた名捕手は、来季に37歳となる里崎智也捕手の定位置を脅かす存在を見いだそうと熱血指導に当たっている。【大谷津統一】【FRANKLIN&MARSHALL】フランクリンマーシャル

 「どんなコースでも(ミットが)流れちゃだめ」「しっかり球をつかもう。それじゃ、投手が自信なくすよ」。鴨川市営球場のブルペン。キャンプ不参加の里崎を除く捕手5人が投球を受ける背後から伊東監督の声が飛ぶ。【FRANKLIN&MARSHALL】フランクリンマーシャル ワッペン袖レザー切替スタジアムジャンパー

 現役として14度のリーグ優勝を経験し、04〜07年の西武監督時代に細川亨(現ソフトバンク)を開花させた指揮官は、5人について「課題が多い。投手が安心し気分良く投げられるオーラがない」と手厳しい。青学大出身の2年目、小池翔大(24)は「送球時に上体が上ずる点を指摘してもらった。ここで生き残らないともうチャンスはない」と必死だ。クロムハーツ

 里崎は巧みなリードと勝負強い打撃が持ち味でロッテを05、10年と日本シリーズ制覇に導いた。今季は116試合で先発マスクをかぶり、2番手・田中雅彦(30)の先発出場は24試合どまり。故障がちな里崎は欠場のリスクが高く、伊東監督は「捕手はロッテの弱点。里崎の次の選手を育てるのが第一の仕事」と強調する。

 ロッテは今年のドラフト会議で、強打の捕手として知られる青森・光星学院高の田村龍弘(18)を3位指名し、競争はさらに熱を帯びそうだ。まだ1軍出場のない2年目の江村直也(20)は「監督に見てもらう機会は貴重。すべての面でレベルを上げて春の1軍キャンプに行きたい」と、アピールに懸命だ。


COMMENT: (0)




 「スポニチアネックス 」ヨリ:日本ハムが稲葉篤紀外野手(40)に来季の兼任打撃コーチ就任を要請していることが18日、分かった。2年目を迎える栗山体制の組閣を進めているチームでは、田中打撃コーチを2軍へ配置転換。空白となったポストに人気も実力も抜群のベテランを配置する。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】

) 稲葉は今季2000安打を達成するなどリーグ7位の打率.290をマークして3年ぶりのリーグ優勝に貢献。その一方で中田、糸井、陽岱鋼(ヨウダイカン)ら若手にも積極的に打撃のアドバイスを送ってきた。人望は絶大で、公私にわたって相談に乗るなど兄貴分的な存在でもある。球団は、他のコーチに遠慮することなく打撃指導ができるようなポストを用意。2年契約が終了した稲葉には選手として複数年契約を用意すると同時に、兼任コーチとして入閣を要請することになった。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】【No99】ラウンドネックセーター

 この日、「侍ジャパンマッチ2012」キューバ戦のテレビゲスト解説として札幌ドームを訪れた稲葉は「今の時点で僕の口から話すことは何もありません」と話すにとどめたが、要請を受諾することは確実。選手としてさらなる進化を目指す一方で、指導者としても一歩を踏み出す。クロムハーツ(chrome hearts)




COMMENT: (0)


 

 デイリーより:「侍ジャパンマッチ第1戦、日本2-0キューバ」(16日、ヤフド)

 侍ジャパンマッチ2012「日本代表VSキューバ代表」の第1戦は16日、ヤフードームで行われ2‐0で日本が勝ち、山本浩二監督(66)の初陣を白星で飾った。広島監督時代の88年にキューバ代表に1勝4敗と苦杯をなめる経験を持つ指揮官が、標ぼうするスモールベースボールで鮮やかにリベンジを果たした。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】ジッパーアップニットカーディガン

 3連覇を目指す初陣での勝利。山本監督が掲げる「スモールベースボール」を侍たちが見事に体現し、強豪・キューバとの初戦を完封で飾った。「投手陣がナイスピッチングですよ。ストライク先行が勝利への近道。この無四球はうれしいね」。わき上がる喜びを抑えるように、山本監督は冷静な口調で話した。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】


 


COMMENT: (0)


 

 「スポニチアネックス 」より:J2横浜FCが今季で契約を満了するFW三浦知良(45)に契約延長を正式オファーしたことが15日、分かった。クラブ幹部が明かしたもので、衰えを知らないパフォーマンスに加え、カリスマ性などを高く評価し複数年契約を提示したとみられる。18日にはJ1昇格プレーオフ準決勝・千葉戦(ニッパ球)が待つ。カズが来季はJ1の舞台に帰って来る可能性も出てきた。FRANKLIN & MARSHALL【フランクリン マーシャル】

 来季はJ1の舞台でカズの勇姿が見られるかもしれない。フットサルW杯から帰国したカズを待っていたのは、今季で契約が満了する横浜FCからの残留オファーだった。提示されたのは来年2月に46歳となる選手に対しては、世界的にも異例な複数年契約とみられる。最高の栄誉であり、合意すれば、47歳までの現役生活も約束される。FRANKLIN & MARSHALL【フランクリン マーシャル】メンズダウンジャケット

 もちろん、カズが実力で勝ち取ったものだ。今季は開幕前に右足首、8月下旬には首、肩を痛めた影響で出場試合は14にとどまったが、5月27日の鳥取戦では自身の持つJ最年長ゴールを更新(45歳3カ月1日)するなどパフォーマンスは衰えを知らない。走力が試される練習でも若手と対等に渡り合い、試合ごとの走力もチーム上位に立ち、年齢を感じさせない。


 


COMMENT: (0)


 headlines.yahoo「スポーツナビ 」より:サッカー日本代表は14日、ワールドカップ(W杯)・ブラジル大会アジア最終予選のオマーン戦に2-1で勝利し、4勝1分けの勝ち点13としてW杯出場に王手をかけた。日本は清武弘嗣の代表初ゴールで先制すると、同点とされた終盤、岡崎慎司が勝ち越し点を挙げた。

 以下は、試合後の清武(ニュルンベルク/ドイツ)のコメント。

「本当にいい形で最後勝ててよかったし、そういう苦しい中で勝てたっていうのはよかったと思います。ゴールの場面は、(長友)佑都君が絶対見ててくれると思ったんで、あとは詰めるだけでしたし、流し込むだけでした。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】【No99】ラウンドネックセーター

(代表初ゴールだが)あともう1、2点決めるチャンスがあったんで、そこが今後の課題だと思いますし、これからチームに帰って頑張りたいなと思います。(1-1の状況で交代したが) 最後は絶対勝ってくれると思いましたし、ああいう形でゴールを決めてくれて、チーム全体で勝った試合だなと思います。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル

(途中からはトップ下に入ったが)ある程度フリーでボールが受けられましたし、もうちょっとチャンスを作って、ゴール前まで行ければよかったんですけど、そういうところも課題かなと思います。(今日で今年の代表戦は終わりだが)最後しっかり勝って締めくくれたのはよかったですし、またチームで頑張って代表に呼ばれるようにしたいなと思います」


 


COMMENT: (0)


 東スポWeb より:阪神が9日、前ツインズの西岡剛内野手(28)と大阪市内のホテルで入団交渉を行った。西岡はロッテ、オリックス以外の複数球団とも交渉を行っていたことをにおわせたが、その「第4の球団」が巨人であることが明らかになった。阪神としては予想以上に厳しい状況となったが、譲るわけにはいかない。西岡は虎の「2大懸案」のキーマンとなっているからだ。【FRANKLIN&MARSHALL】フランクリンマーシャル スナップボタンジャケット

 交渉を終えた西岡は神妙な面持ちで口を開いた。報道が過熱していることで「戸惑っている部分もあるんですけど…」としながらも「えっ、と思わすこと(決断)もあるかもわからないですね。公表はしていないけど、まだあと何球団かと交渉してきましたし。3球団だけじゃなくてね。今日で一通り会う球団は終わったので、あとは自分の中でどう決断するかになってくる」。西岡はロッテ、オリックス、阪神以外とも非公式で交渉を行ったと明かした。【FRANKLIN&MARSHALL】フランクリンマーシャル

 水面下で動いたのはどの球団なのか。遊撃、二塁を守れる西岡を必要な球団はどこか。そして現在、離婚協議中の西岡にとって必要な「カネ」を出してくれる球団はどこか…。おのずと球団は絞られてくるが、球界関係者の中でささやかれているのが「ブラフ説」だ。

 実は西岡は親しい関係者に「巨人から話が来ている」と打ち明けている。だが、巨人は以前から西岡に関しては「獲得はあり得ない」と動かない方針を打ち出しており、何より原監督の西岡への評価が低い。原監督が指揮官を務めた第2回WBCでは、侍ジャパン代表メンバーに西岡を選んでいないほどで、当時はまさかの選出漏れの理由として「チームの和を乱す恐れがある」と、性格面での問題点があったとささやかれた。西岡にはそんな原監督との“確執”もあるのだ。

 そのため西岡の「巨人から…」発言は、球界関係者の間で「ブラフではないのか」と指摘されている。複数球団の争奪戦になった場合、そこに巨人が入れば条件が一気につり上がるからで、主に外国人選手の代理人が使う常とう手段だ。「カネ」が必要な西岡が同じ手を使ったというわけで、おおっぴらに「巨人」の名前を口にできないのは、巨人に完全否定されてしまっては元も子もないから。そんな事情で、水面下では「巨人から話が来ている」を大宣伝しているのだろう。

 いずれにせよ勝手に名前を使われた巨人はとんだ大迷惑で、原監督、そして巨人サイドの、ただでさえ悪かった西岡へのイメージが、さらに悪くなったことは間違いない。阪神入団なら来季の巨人―阪神戦が、ますます遺恨めいた戦いとなりそうだ。


 


COMMENT: (0)


 時事通信 より:【バンコク時事】フットサルのワールドカップ(W杯)は9日、バンコクで1次リーグ最終戦が行われ、全組で同リーグの順位が決まった。C組3位の日本は11日の決勝トーナメント1回戦でA組1位のウクライナと対戦する。FRANKLIN&MARSHALL
 E組はセルビアがチェコと2―2で引き分け、勝ち点7で首位。チェコは同4で2位となり、エジプトも3位で決勝トーナメントに進んだ。【FRANKLIN&MARSHALL】フランクリンマーシャル スウェットダウンベスト
 F組では、ロシアがコロンビアを2―0で下し3戦3勝で1位通過。コロンビアも2位で突破した。また、A組3位の地元タイも、各組3位のうち4番目となって決勝トーナメントに進出した。


 


COMMENT: (0)


 「スポーツ報知 」より:大相撲の峰崎部屋が異例のスカウト活動に打って出る。プロ野球で戦力外通告を受けた選手が対象の12球団合同トライアウトで、参加者に新弟子募集のチラシを配布すると8日、発表した。野球が好きな同部屋付きの十両格行司・木村堅治郎(37)の発案で、新弟子減少に悩む角界の異例の勧誘策。9日にKスタ宮城、21日に鎌ケ谷球場で100部を配布する。日本野球機構(NPB)も協力している。

 新弟子募集は通常、後援会の紹介や師匠がスカウトに出向くなど、学生相撲出身者が対象。福岡国際センターで堅治郎は「うちは学生のパイプなどがない。プロ野球に行った人なら身体能力も高い」と狙いを説明した。今年の新弟子数は先場所までで55人。九州場所(11日初日・福岡国際センター)も1人しか受検せず、年6場所制となった1958年以降で最少となった。師匠の峰崎親方(元幕内・三杉磯)も「(新弟子獲得が)以前より難しくなっている。まずは1人でも2人でも連絡をくれたらいい。野球が駄目なら同じプロとして相撲で食っていく、という気構えのある人に期待したい」と話した。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】ジッパーアップニットカーディガン

 9日のトライアウトは56人が受検予定で、新弟子検査を受けられる23歳未満は6人いるという。元プロ野球選手では、近鉄の投手から井筒部屋(当時)に入門し、佐賀ノ海などのしこ名で西十両11枚目まで昇進した土師(はじ)一夫さんがいた。堅治郎は「これをきっかけに他競技も興味を持ってもらえればうれしい」と期待。球界から人材は集まるか。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】

 ◆他競技から角界入りした主な力士
 ▽元大関・貴ノ花 中学時代、水泳・バタフライで64年東京五輪の代表候補。
 ▽元関脇・蔵間 滋賀・八幡工で全国強豪のラグビー部員だったが、中退して入門。
 ▽幕内・旭日松 レスリングで中学3年時の04年、全国中学生選手権85キロでV。
 ▽元幕下・宮内 幻となった80年のモスクワ五輪のレスリング代表。
 ▽元三段目・青菜 愛媛・今治西高野球部時代の81年、夏の甲子園でベスト8。


 


COMMENT: (0)


 

 headlines.yahoo「ゲキサカ 」より:フットサルW杯は7日、大会7日目を迎え、フットサル日本代表はリビア代表に4-2で勝利した。日本は4点差で勝てば、その時点で決勝トーナメント進出を決めることができた。惜しくも2点届かず、試合終了と同時の決勝トーナメント進出は決まらなかったが、『死のグループ』と呼ばれたグループで、堂々の勝ち点4を獲得した。Franklin&Marshall/フランクリンマーシャル

 試合を終えたFP三浦知良(横浜FC)は「ものすごく価値がある」と、難しいグループに入りながらも、勝ち点4を挙げたことに胸を張った。2011 春夏新作Franklin&Marshall/フランクリンアンドマーシャル 人気モデル RADIO NYLON JACKET ラジオ ナイロン ジャケット ウィンドブレーカー

 「初戦のブラジル、2戦目のポルトガルは本当に大量失点で負けてもおかしくない力のあるチームでしたから。他のグループを見ても2強のいるグループでは大差で負けているチームが多い。その中でブラジルに1-4、ポルトガルと5-5。そこで4ポイント取れたのは大きい。上に行けることを信じています」

 試合直後のカズの願いは通じた。試合終了から約1時間半後、ウクライナがコスタリカに6-1で勝利。この結果、グループAで3位となったタイを上回った。リビア戦の勝利でグループDの3位の成績も上回ることが決定していたため、3位チームの上位4位に入ることが確定し、日本の決勝トーナメント進出が決まった。「(今日は)試合時間もいつもよりちょっと長かった。自分に回ってきた惜しいチャンスもあった。後半も際どいゴールに接近したプレーもあった。ちょっとは前向きにプレーできたと思います」と手応えを語ったカズの雄姿も、まだ見ることが出来る。

 「勝利ボーナスはまだ今日の1試合だけだけど、決勝トーナメント進出が決まったら、ポルトガル戦の分も勝利ボーナスを出してもらうように、大仁会長にお願いしてみようかな」と笑った背番号11のいるフットサル日本代表の戦いは、まだまだ終わらない。


 


COMMENT: (0)


 

 headlines.yahoo「デイリースポーツ」より:広島の永川勝浩投手(31)が6日、広島市内の球団事務所で契約交渉に臨み、減額制限の25%を大幅に超える50%減の4000万円プラス出来高払いで更改した。50%の減俸は05年の高橋建以来、球団最高の減俸率。かつて守護神として通算164セーブをマークした右腕だが、今季はプロ入り初めて1軍登板なし。後がなくなった来季は背水の陣で復活に懸ける。

 厳しい現実だった。3年前に1億6000万円あった年俸は1年ごとに4000万ずつ下がり、今年も4000万減の4000万円。悔しい思いはあるはずだが、永川勝は表情ひとつ変えず「1軍の試合に出ていないし、僕は何も言うことはできない」と淡々と語った。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】ラペルニットカーディガン

 減俸率は05年の高橋建と並ぶ球団史上最高の50%。減額制限の25%を超える衝撃的な提示にも「活躍したら言えるが、やるしかない立場。ダメならばプロ野球選手なので…。(契約して)機会を与えてくれたので頑張りたいなと思う」と素直に受け入れた。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】

 ただ、来季も立場は苦しい。リリーフ陣は外国人や、今村、先発から転向する福井ら若手が中心になる。もちろん永川勝自身も理解はしている。「世代交代に食らいついていきたい。上に立てるように頑張る」と意地を見せる覚悟だ。

 そのためにも今までの自分から脱却しなければならない。フォーム改造はその一つだ。「今までは体を使う投球フォームだったが、無駄な力を省いてシンプルに投げるようにしたい」。代名詞の豪快なフォームを封印し、今オフは新たなフォームづくりに励むつもりだ。

 元守護神は静かに燃えている。「ありがたく(来季プレーする)チャンスをもらえた。みんな危機感はある。僕もみんなと同様に危機感を持ってやるしかない」。屈辱の大減俸となったが、これをバネに来季こそは復活してみせる。


 



 

 「スポーツ報知」より:レンジャーズのダルビッシュ有投手(26)が、来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加しないことが5日、濃厚となった。日本代表の山本浩二監督(66)からエースとして期待されていたが、参加容認の方向だったレ軍側が一転、招集に難色を示し始めた模様。近日中にも発表される見通しで、3連覇を目指す「侍ジャパン」にとって大きな痛手となりそうだ。

 侍ジャパンの命運を握る問題が、大きく展開した。ここまでダルビッシュは、WBC出場の可否について一貫して沈黙を守ってきたが、レ軍関係者は「参加しない方向で球団と話し合いをしているようだ」と証言。関係者の話を総合すると、近日中にも球団サイドからダルに関する発表がなされる見通しだという。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】ラウンドネックニットのセーター

 レ軍も一度はダルの侍ジャパン入りに、容認の姿勢を見せていた。10月9日に行われたシーズン総括会見で、ジョン・ダニエルズGMは「球団としては大会をサポートしたい」と断言。派遣を認める方針を明らかにしていた。FRANKLIN MARSHALL【フランクリン マーシャル】

 メジャー1年目となった今季、シーズンを通してほぼ先発ローテを守り続けるなど、ポストシーズンを含めて自身最多の30試合に先発。確実に疲労は蓄積していた。シーズン終盤は、疲れている時に出やすいと言われる首の寝違えを起こしたり、右膝にサポーターを着用したりするなど満身創痍(そうい)の状態だったが、体にムチを打ってマウンドに上がり続けた。

 チームはア・リーグ西地区3連覇に王手をかけながら、最後の勝負どころでアスレチックスにまさかの3連敗。地区制覇を逃し、ポストシーズンでも初戦の一発勝負で敗退した。悲願の世界一への巻き返しを期す来季、エースとしてダルの双肩にかかる期待は今年以上に大きい。

 万全を期すために、球団側では10月12日の帰国後も、代理人を通じてWBCに参加せず来シーズンに集中するように説得を重ねてきたという。大幅な戦力補強でもない限り、ダルはレ軍側の“待った”を受け入れざるを得ない形だ。

 侍ジャパンの山本浩二監督は「日本のエースですから。それだけ期待する選手」と投手陣の柱として期待。正式にレ軍側に代表招集を申し入れており、再三のラブコールを送り続けてきた。まさかの「エース不参加」でチームの軸を欠くことは必至。3連覇へ逆風の中の船出となった。


 


COMMENT: (0)


next


PAGE TOP