“太もも自慢”山村彩恵、首位発進!/国内女子
 「サンケイスポーツ」より:ダイキンオーキッドレディス第1日(8日、沖縄・琉球GC、6435ヤード、パー72)今季の国内女子ツアーが開幕し、プロ2年目の山村彩恵(20)=サマンサタバサ=がボギーなしの1イーグル、4バーディーで66をマーク。自己ベストタイの6アンダーで首位発進した。初のトップに立った原動力は、サイズ58センチを誇る魅惑の太もも。ホットパンツ姿の新星がツアー初Vを狙う。2打差の4位に金田久美子(23)=ミュゼプラチナム=ら4人が並び、横峯さくら(27)=エプソン=は宮里美香(23)=NTTぷらら=らとともに16位につけた。
 若さがまぶしい。2013年のシーズン開幕戦。飛び出したのは、1年前のこの大会でプロデビューを飾った20歳の山村だ。ボギーなしの1イーグル、4バーディー。満点ラウンドに、日に焼けた笑顔とピチピチの太ももが輝いた。FRANKLIN&MARSHALLフランクリンマーシャル レディースプルオーバーパーカー 9色
 「オフにしっかりやってきたことが自信になっている。去年と違って気持ちのコントロールができていると思います」
 インスタートの10番(パー4)から3連続バーディー。18番(パー5)は2オンに成功し、12メートルの下りのフックラインを一発でねじ込んでイーグルを奪った。4番(パー5)も残り235ヤードの第2打を5Wでグリーンに乗せて、難なくバーディー。自慢の飛距離を武器にスコアを伸ばし続けた。
 ホットパンツ姿でも存在感を強烈にアピールした。太もも周りのサイズは、スリムな女性のウエスト並みの58センチ。愛らしいルックスとたくましい下半身のギャップがたまらない。女性には禁句の「太い」が山村には最大のアピールポイント。本人もお気に入りの“美もも”なのだ。フランクリンマーシャル レディース
 「背が低いので、ひざ丈のハーフパンツとかは似合わない。暑がりなのでこのスタイルですね。高校時代の練習が厳しかったので太くなったのかな。でも、この下半身があるから飛距離も出る。好きですよ」
 今オフは練習拠点を置く兵庫・六甲国際GC内の「江連忠ゴルフアカデミー」で、さらに下半身を強化した。坂道ダッシュや階段上りを毎日1時間。平均飛距離260ヤードを誇る1Wには、「きょうはほぼフェアウエーをキープできた」と安定度も加わった。
 実家は福岡・中洲で有名なすし店を営む。初の奪首に成功した“看板娘”が目指すは、ツアー初優勝。「明日も強い気持ちで戦っていきたい」。週末も自慢の太ももで視線を独占する。



COMMENT: (0)


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP