高橋4位で日本人最高…フィギュアW杯男子SP
 yomiuriより:【ロンドン(カナダ)=西村海】フィギュアスケートの世界選手権は13日、男子ショートプログラム(SP)で、3年ぶりの優勝を狙う高橋大輔(関大大学院)が84・67点で日本人最高ながら、4位スタートと出遅れた。フランクリン マーシャル メンズ
 昨年、初出場で銅メダルを獲得した羽生結弦(宮城・東北高)は、75・94点で9位。無良崇人(中京大)は73・46点で11位だった。パトリック・チャン(カナダ)が、98・37点のSP世界歴代最高得点で首位に立った。ペアSPで川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)は4位発進。FRANKLIN MARSHALL フランクリン マーシャル 高襟セーター



COMMENT: (0)


prevhomenext

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP