松坂“復帰戦”は6回途中2失点
 「サンケイスポーツ」より:ホワイトソックス-インディアンス(27日、グレンデール)インディアンスを自由契約となり26日に再契約を結んだ松坂大輔投手が、メジャーのオープン戦に先発。5回1/3を投げ5安打3奪三振1死球で2失点に終わった。
 一回、ビシエドを空振り三振に斬ってとるなど三者凡退で上々の立ち上がり。二回は一死からコネルコの右前打と、ラミレスへの死球で一死一、二塁とされたが、後続を打ちとった。
 三回はケッピンジャーを外角のスライダーで空振り三振。四回はビシエドを真ん中の直球で空振り三振を奪うなど、簡単に三者凡退。ところが五回に捕まってしまう。FRANKLIN&MARSHALL フランクリンマーシャル スタジャン スナップボタンジャケット
 先頭のサンチェスに真ん中の直球を右中間に弾き返され二塁打。ワイズの左前打と二盗で、無死二、三塁のピンチを招いた。
 フラワーズは二飛に打ちとったが、ベッカムへの141キロの直球が三遊間を破られ、先制点を献上。なおも一死三塁で、デアザが一塁側にセーフティースクイズ。松坂が捕球も、一塁ベースカバーに誰も入っておらず、内野安打で2点目を奪われた。フランクリンマーシャル スタジャン
 松坂は六回もマウンドに上がり、コネルコを遊飛に打ちとったところで降板。序盤は好投をみせただけに、何とも惜しまれる五回の投球となった。



COMMENT: (0)


prevhome

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


PAGE TOP